2008年4月7日月曜日

「The GOAL」を読んでの感想

エリアフ・ゴールドラット著書「The Gorl」という生産管理についての最適な手法を提案してくれている本であるが、私はプログラマーで生産管理なんて関係ないと思っていたが世界で1000万人が読んだというのでamazoneで購入してみた。
私のことだから速読もできないし、数ページ読んですぐあきるだろうと思っていたが、なんと500ページを数日かけていっきに読み上げてしまった。こんなの「24」のドラマ以来でしかもビジネス書ということで自分に驚いている。

簡単に説明すると、工場長をしている主人公が工場閉鎖の危機に陥っているとき、あることがきっかけで恩師の物理学者と出会い、さまざまな理論的な見方からのアドバイスをし、工場を回復したというお話。簡単に説明しすぎたが、もっと深い。これは読んだ方がいいと思う。生産に携わっている人もいない人もみんな。

驚いたことにこの本は1980年代に原書が書かれて以来、日本以外の国や地域で翻訳が進んでいったが、日本語版が出版されたのが2001年であった。これは著者であるエリアフが日本でこの手法が一般化すれば、国際的な貿易摩擦が発生すると言う理由で日本語化を許可しなかったからだ。国のレベルの既得権益化するつもりなのかという怒りの反面、日本という国がいかに当時は生産管理に関して群を抜いていたかということを思い知った。

だが、現在を見てみるとどうだろう。たとえば、apple社は労働コストが安い中国でmacなど生産し、直送などを行い、在庫を残さないというこの「The Goal」の思想に似ている効率化を行っている。スティーブジョブスもこの本に影響を受けた一人ではないだろうか。

このように日本ではやっているんだろうけど、生産管理の考え方が海外と比べて大きく違っているように思えるのもなんとなく説明がつくのではないかと思う。

とても興味ぶかいな。
いちおう、「The Goal 2」も購入したのでまた読み始めてみることにする。今度は仕事に影響を与えないようにゆっくりと読むように心がけよう。

ではでは

追記:
あとでいろいろウェブをあさってみましたが、トヨタの7つのムダではやはり似たようなことを行っているのだなと知りました。今度、トヨタ本もよんでみよう。この本なら日本にいっぱいあるし。(笑)

2008年4月1日火曜日

ネットワーク越しTimeMachineをセットアップ

leopardの標準装備のTimeMachineを使う。
  • バックアップ要求は以下のとおり
  • クライアントマシン(mac book:160GB)をバックアップ
  • できるだけ標準装備アプリを使ってバックアップをする。(leopardのアプリ互換を保つため)
  • 指定のストレージサーバーへバックアップし、バックアップを一括管理
  • TimeCapcelとか買わずにただでやる
  • 外部ストレージ買うのもいや
ということで今回、samba越しのストレージへバックアップを行うことにする


とりあえず、TimeMachneをセットアップしてみる。
「システム環境設定」→「システム」→「TimeMachne」を選択。
「切<=>入」を「入」にスライド。
リストに何も表示されていません。
現在はタイムカプセルのみネットワーク対応が可能となっていますが、小さじ少々のコマンドを加えるとネットワークストレージにも対応できるようです。


Finder.appを開き、「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ターミナル.app」を開きます。
そして以下のコマンドをコピペして「Enter」してください。
defaults write com.apple.systempreferences TMShowUnsupportedNetworkVolumes 1



するとシステム環境設定のTimeMachineを開き直すとwindows共有フォルダー又はsambaの共有フォルダーを一覧に確認することができます。

120秒ほどのカウントダウンが始まりますが、中止してください。


まだやることがあります。

というのはTimeMachineはバックアップ先にDiskImageがない場合、新規に作ろうとします。ですが、新規作成に失敗します。原因はわかりません。おそらくはハック行為防止のためではないかと思います。

TimeMachine用DiskImageを手動で作成し、バックアップ先のディレクトリに配置します。
「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ディスクユーティリティ.app」を起動
「メニューのファイル」→「新規」→「空のディスクイメージ」を選択し、各欄に以下を埋めてみてください。

名前:
[バックアップ元ホスト名]_[バックアップ元有線のMACアドレスから記号を抜いて小文字化]
保存先:
[ローカルのホームディレクトリー](ローカルであればどこでもいい)
ボリューム名:
TimeMachine(なんでもよい)
ボリュームサイズ:
100MB(後で変更するので今では100MBでOK)
ボリュームフォーマット:
Mac OS 拡張(ジャーナリング)
暗号化:
なし
パーティーション:
ハードディスク
イメージフォーマット:
スパースバンドル・ディスクイメージ



そうしたらここではホームディレクトリーに[hostname]_[macaddr].sparsebundleというのができているはずです。これがTimeMachineがデータを保存するディスクイメージとなります。

ちなみにローカルで配置したのはディスクユーティリティがスパースバンドルイメージをsamba越しに作成することができないためでおそらくこの原因が先ほどのTimeMachineのイメージ自動作成が失敗する理由なのではないかと思われます。100MBで配置したのはローカルに自分のディスク使用容量以上の分のイメージをつくるなんてできないからです。(mac買ったばっかりだったらできるかも。)ですので後で拡張します。

ではその出来上がったイメージをバックアップ先のルートディレクトリーに移動します。コマンドでいうとこんな感じ。
mv ~/[hostname]_[macaddr].sparsebundle /Volumes/homes/

そしてこのイメージを拡張します。
Finderでバックアップ先のこのイメージをダブルクリックしてmountします。
ディスクユーティリティを開き、左の欄に表示されているはずですので選択します。
上部メニューにある「取り出す」を押し、ボリュームが消え、ディスクアイコンだけが残ったのを確認します
そうなっていれば、上部メニューに「イメージサイズの変更」が有効になるので押してください。



変更の対象を「パーティーションとイメージのサイズを変更」を選択し、ストレージに割り当てたいmacの現在の使用容量以上のサイズに変更してください。



これで準備は完了です。

さきほど行ったように環境設定のTimeMachineをセットアップし直し、120秒待ってみてください。インジケーターが出て来たら完了です。

後はお昼寝でもして待っていれば勝手にやってくれますし、1時間ごとにバックアップを取ってくれるので削除しまくってもどうにかなるという安心感があります。

祝!プータロー昇進

昨日付けで5年間勤めた株式会社イーハイブを退職しました。

長かったようで短かった5年間ですが、さまざまな経験をさせてもらい、コムログ独自ウェブサービス事業に深く関われたことを感謝しています。

さて、これからどうするかというと一応、まだまだ初期段階ではありますが、携帯向けのASPサービスを計画しており、このブログにてアルファー版を報告できるかと思います。

自分と一緒に事業を進めてくださる方や協力をいただけます方、投資希望の方はdai106o[at]gmail.comまでご連絡ください。パッションがある方大募集です。

会社をやめても、福岡の各コミュニティー(Fukuoka.pm,Tenjin.web,FWW,JPUG九州-ポスグレコミュ)には顔を出したいと思いますのでそのときは孤独な自分に一言声をかけていただくとありがたいです。